FC2ブログ

縦書きワードアート

近くの方が相談に見えました。内容は「Word2010で縦書きのワードアートができないか」というもの。長年XPを使っていた方はWindows7のワードアートで迷うところです。
140826ワードアート
方法はいたって簡単。
[挿入]→[ワードアート]をクリックすると、横書きのワードアートが挿入される。選択された状態のままリボンのテキストグループの[文字列の方向]の▼をクリックするとサンプル画面が表示されるので「縦書き」を選べばよい。一番下の「縦書きと横書きのオプション」をクリックして選んでもいい。
ちなみに以前のワードアートではワードアートのサイズは自由に変えられたが2010ではフォントサイズを指定して変えねばなりません。保存するファイル形式を「Word97-2003文書」形式に変更して保存してからワードアートを挿入するとWord2007以前の形式で挿入できますがちょっと面倒。私の場合、その必要があるときは、ワードアートまずコピーしてから、リボン左端の「貼り付け」の▼をクリックし、「形式を選択して貼り付け」から「図(GIF)」で貼り付けている。図ですから自由に伸縮できる。覚えておくと便利です。但し、図にした後で文字の変更はできませんが…。
※互換モードについては「旧Sakuraの散歩道」に書いてあります。
スポンサーサイト



パソコントラブル「Operation system not found」

Operating system not foundクラブメンバーの方からメールがありました。PCの電源を入れたところ、図のような黒の画面で「Operation system not found」と表示されているだけ。「どうしたらいいの?」と…。
Operation system not found」とは「オペレーティングシステムが見つかりません。」ということで搭載されているハードディスクに、Windows が見あたらないか、正しくインストールされていないときに表示されます。これは[システムファイルの破損][誤操作などによるファイル削除][ウイルス感染] が原因とのことです。最悪の場合ハードディスクが壊れていることもあるでしょうね。
試しに「BIOSセットアップ」を初期化してみてもいいでしょう。方法はメーカーによって違うかもしれませんが、私の場合ですと富士通ですから「BIOSセットアップ」は、【F2】キーをトントンと押しながら、パソコンの電源を入れます。「FUJITSU」のロゴ画面が表示され、ピッと音がしたり、BIOSセットアップ画面が表示されたりしたら、【F2】キーを離します。
しかし多くの場合最終的にリカバリになることが多いです。この場合Cドライブに保存されていたファイルは消滅します。もちろん、ハードディスクが壊れていたら駄目ですけど…。
パソコンはこんなトラブルもありますから、大切なファイルは日頃からこまめにバックアップしておきましょう。 「いつバックアップすればいいの?」…「今でしょう」…。

電子機器の雷対策

最近大気の状態が不安定で、突然の豪雨や雷の発生が多いです。雨は何とか凌げても雷は恐ろしい。特に無線やパソコンをやっていると、雷には神経をとがらせます。
かなり以前だが、近所に落雷し、無線機の電源が破壊されたことがありました。これは誘導雷による異常電圧や誘導電流によるものです。
以来、無線機の場合はアンテナからの同軸ケーブルを外して機器のプラグをコンセントから抜いています。しかし、パソコンはインターネットに常時接続していることが普通なのでちょっと面倒ですね。とはいえ、やはり保護したいもの。
PC機器のコンセントは雷ガードのあるものを使ってはいますが、どこまで信用できるかは疑問です。光ケーブルの場合、それからの高圧電流の侵入はないが、やはり雷が近づく気配のある時、また雷予報の出ているときはすべてのPC機器のプラグをコンセントから抜いておくのが最も無難と思っています。でも光回線の場合、「回線終端装置」、「ひかり電話ターミナルアダプター」それに「ルーター」の電源まで抜いてしまうと電話が使えなくなるのが最大のデメリットです。
ただ、すぐ近くで雷が発生しているときはコンセントに近づくのは危険ですね。身の安全が最優先ですからね。事前の措置が必要です。長時間出かける場合は天気予報を確かめて出かけるようにしています。
きのう夜中3時ごろの豪雨と雷は吃驚しましたよ。

Windows Updateが不調

先日Windows7のリカバリをしたが、ちょっと様子がおかしい。これまでの経験だとリカバリ後は必ずWindows Updateがかなり入ったはずだ。それでは手動でやってみようと、すべてのプログラムから「Windows Update」をクリックしたところ赤いアイコンの付いた小窓で[現在サービスが実行されていないためWindows Updateで更新プログラムを確認ができません。コンピューター再起動が必要な可能性があります。」と…。[どういうこと?]。再起動しても同じ。
そこでこの問題に関するものをNETで調べると同じような事象が見つかった。その中から下のサイトを探し出し、「Fixit」を実行したところ「Windows Update」動作した。動作したのはいいが、更新プログラムがなんと98個。ダウンロードからインストールまで夜の8時からはじめて終わったのは10時過ぎ。「これで良し!」とシャットダウンしようとするとさらに3個の追加があった。しばらくは無事で働いてほしいものだよ。
と 思っていたらきょうはまた90個の更新プログラム、これで一段落するのかな?
※ Windows Update が機能していない、更新しない、失敗する問題を診断および修正する

ログオンプロセス初期化エラー

140715ログオン夜、Windows7のパソコンの電顕を切ろうとすると、右のような画面が表示されシャットダウンしない。数度繰り返したが同じだ。やむを得ず強制終了する。翌朝も同様、Windowsが立ち上がらない。セーフモードでも駄目だ。やむを得ず富士通のサポートに電話をし指示に従っていろいろと試したが、駄目だった。結局リカバリになった、悪戦苦闘数時間。セキュリティソフトの設定なども含め朝の9時過ぎから始めて一通り終わったのは1時近くだった。消えたソフトあるし、当分は後処理に時間がかかりそうである。
このブログは別のパソコンで作成した。

画面の向きが変わった

14627画面向ききょうのパソコンクラブでの出来事……。ある方のパソコン画面の向きが突然図(図は富士通の画面)のように変わってしまった。スマホじゃあるまいし、これでは全く使いづらい。DELLのパソコンだ。もう一人DELLのパソコンをお使いの方がいて、「これで直るかもしれない…」と操作。正常に戻った。
方法はキーボードの【Ctrl】キーと【Alt】キーを押しながら、【↑】キーを押すだけ。「こんな機能もあったのか…」と別のパソコンでも試したが変化はない。
帰宅して手持ちのパソコン3機種で試してみた。その結果、富士通のLIFEBOOK(Windows7)ではこの機能が作動。他の2機種、NECのLL75R/Rと東芝のdynabook(いずれもvista)では作動しなかった。
ノートパソコンではこの機能は不要と思うのだが……。
ちなみに方法は
【Ctrl】+【Alt】+【↑】…標準(最初の向き)
【Ctrl】+【Alt】+【←】…左90°回転
【Ctrl】+【Alt】+【↓】…180° 回転(上下反転)
【Ctrl】+【Alt】+【→】…右90°

IE11のアンインストール

ふと気が付くとInternet ExplorerがIE11にアップデートされていた。以後、どうも調子が悪い。動作が止まったりする。ネットで調べると、IE11の不調例が多くみられる。そこでこれをアンインストールすることにした。
いつもの通りプログラムのアンインストールは、「スタート」ボタン→「コントロールパネル」、それから「プログラムのアンインストール」。ところがここにInternet Explorer 11が表示されていない。「どこだ?」 よく見ると画面左上に「インストールされた更新プログラムを表示」があったのでここををクリック。ここにあった。表示された「名前」の一覧から「Internet Explorer 11」をクリックする。
「コンピューターからこの更新プログラムをアンインストールしますか?」と表示されるので「はい」ボタンをクリック。
アンインストールが完了してパソコンを再起動。
再起動して確認。Internet Explorerは[Internet Explorer 8]になっていた。電源を切るときに表示される[Windows Update]も確認が必要のようである。

あまり経験しないパソコントラブル

今週はどうも滅多に経験しないパソコントラブルに遭遇した。1件目は雨の日の朝だ。近隣の方から電話でメールが開かないという。車で迎えにみえた。パソコンはソニーのVAIO。Microsoft Outlook 2010を使っているのだが、2~3日前から開こうとすると、ファイル○○.pst が壊れている" と表示される。このファイルはOutlookでデータ(受信・送信済みメールや連絡先など)を保持しているファイルだ。
この間、回線業者のNTT、ソーニーのサポートに問い合わせ、リモート操作でも修復を試みたが、いずれもNGだった。この時つくづく感じたのはNTTの対応の悪さ。「回線だけ提供しているので、あとはブロバイダー(OCN)に聞いてください。」とたらい回し。最後には[Microsoftに聞いてください」とか……。
持ち主の方もあきれていた。
後から探したのだが、「受信トレイ修復ツール」(http://support.microsoft.com/kb/272227/ja)というのがあるので試してみてみてもいかもしれない。
さて、今度は今日のパソコンクラブでのこと。Kさんのパソコンでファイルが削除できなくなった。しかも特定のファイルだけ。削除しようとすると「このファイルは使用中です」と出る。勿論開いてはいない。タスクバーでもチェックしたが使っていない。再起動でもダメ。そこで「アクセサリ」の中の「コマンドプロンプト」と使った。説明通りにファイルの名前を入れてEnterしたが、反応がない。しかし、ドキュメントの中を確認すると削除されていた。他にもいくつかの方法があるので試してみるのもいいかも。しかし、首を傾げるようなトラブルにも出会うが勉強になる。

この線は何だ?

前々回にページ罫線について書きましたが、クラブでS子さんから「この線なんでしょう?どうしても消えないのですが…」との相談。
下の左図のように書面下の線です。ご本人は全く線を引いた覚えはないとのこと。
[図形]で引いた直線ならばマウスを重ねると選択できるのですが変化はありません。
「もしや?」と[ページ罫線]→[線種とページ罫線と網掛けの設定]を開くとプレビュー画面で直線が引かれていました。ここで図のような手順でその直線を消して一件落着。
これも無意識で操作した一例でしょうね。
1109keisen1109keisen2

IEのショートカットキー

パソコンでインターネットを閲覧する際に、マウスを使ってWebページのリンクをクリックしたりしている方も多い。このような場合ショートカットキーを使うと結構便利だ。
ブラウザとしてよく使われているIntenet Explorerには多くのショートカットキーが用意されているが、すべて覚えるのはたいへん。
しかし、いくつかのショートカットキーを覚えておくとさまざまな作業を素早く実行したり、マウスを使わずに操作することもできる。
私がよく使っているのは次のものくらいだろうか。
■ ホームページに移動する    [ALT]+[HOME]
■ 前のページに移動する     [BACKSPACE]
■ ページの先頭に向かってスクロールする  [↑]
■ ページの末尾に向かってスクロールする  [↓]
■ ページ・スクロール(下に)   [Space]
■ ページ・スクロール(上に)   [Shift]+[Space]
■ 現在のWebページを更新    [F5]
■ お気に入りを表示       [Ctrl]+[I] (戻るのは [Esc] )
■ 拡大率を上げる(+10%)    [Ctrl]+[+]
■ 拡大率を下げる(-10%)    [Ctrl]+[-]
■ 拡大率を100%にする      [Ctrl]+[0] (ゼロ)
詳しくはマイクロソフトのページにあります。Internet Explorer8で使うショートカット キー
※インターネットではないが便利なのは「コンピューター」を開くショートカットキー。
 [Windows]キー+[E] だ。 毎日使っている。
プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード