スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しその実漬け

紫蘇のみ佃煮台風18号も北九州は無事で被害は免れました。台風前日、家庭菜園の紫蘇を整理しようと、程よく実も付いていましたので、これで「佃煮」と「梅塩漬け」を作りました。実を削ぐのが結構面倒です。素手では真っ黒になりますので、薄手のゴム手袋をして家内と二人がかりの作業でした。削いだ実をよく水洗いし、沸騰した湯でサッとゆでこぼし、冷水で冷やして水を切ります。後は調味料を加え、火力を調整しながら、水分がなくなるまで気長に煮込みました。結構時間がかかりますね。私は実を削ぐまでの作業です。いい味に仕上がりました。
保存食です。実のプチプチとした感じが好きですね。「梅塩漬け」はおにぎりにしてもいいようですよ。
来年の紫蘇の時期までは楽しめそうです。
スポンサーサイト

メンズ倶楽部で簡単料理に挑戦!

28年度2回目のメンズ倶楽部です。今回は「家庭でも作れる簡単料理に挑戦!」ということで栄養士さんと食生活改善推進委員の皆さんのアドバイスで4品を作りました。
主食は「ツナとトマトのぶっかけうどん」・主菜は「手羽先の照り焼き」・副菜は「きゅうりの簡単たたき漬け」、そしてデザートは「すいかのくずよせ」です。
一通りの説明を受け、早速調理室で4班に分かれ調理開始。手羽焼とデザートは時間がかかるので先にします。1グループ4人なのでそれぞれ分担。材料はあらかじめ人数分用意されているので説明書を見ながら作業。分からない点は推進委員に聞きながら…。10時からはじめて12時前には食卓に並べることが出来ました。ちょっと量が多いかなと思いましたが、おいしく完食。今度我家でも作ってみようかな?
(この献立でエネルギーは、ぶっかけそうめん746kcl、照り焼き144kcl、簡単たたき漬け16kcl、すいかのくずよせ49kcl、合計685kclです)
簡単料理
※写真の撮り方がまずかったです(>-<)


メンズ倶楽部 今月は健康料理

市民センターの「メンズ倶楽部」 今月は「家庭でできる簡単料理」ということで、6人ずつ4班に分かれての料理実習。保健所の栄養士さんの説明が一通り終わって実習に入る。
材料はヘルプの皆さんがあらかじめ準備されているので、レシピに従って調理する。
今日は次の4品目。主菜の「豚肉のピカタ」、副菜は「春菊のホットサラダ」、「みぞれ汁」、デザートの「豆腐バナナケーキ」。
それぞれが手分けして、洗ったり、切ったり、混ぜたりと、レシピを見ながら作った。
さいわい私の班は、私以外、手慣れた手際のいい方が揃っていて一番早く出来上がった。配膳をして、全員揃ったところで「いただきます…」。
みんなおいしかった。「豆腐バナナケーキ」これはバナナだけの甘みがちょうどよかったね。
今日のメニューで、エネルギー653kcal、タンパク質29.1g、脂質18.8g、カルシウム151mg、鉄2.5mg、食塩2.7g。しっかり健康を考慮してのものだ。
141002メンズ倶楽部料理実習

ゴーヤのレシピ2種

20140718ゴーヤそろそろ家庭菜園のゴーヤも収穫できる時期ですね。我が家も数本収穫できました。
定番のゴーヤチャンプルと別に、手軽にできるものを2つ作ってみました。


ゴーヤの梅・氷砂糖漬け
材料:ゴーヤ……500g 氷砂糖……250g 梅漬け……250g
ゴーヤを縦半分にカットし、スプーンで綿と種をこそげとるように外します。
ゴーヤは厚さ7~8㎜位がいいでしょう。  以上の材料を交互に容器に入れます。
1週間くらいしますと氷砂糖が溶けます。 これで出来上がりです。梅と一緒に梅漬けに使った紫蘇を入れてもいいですよ。
冷蔵庫で結構保存できますが、まあ1~2週間で食べてしまうでしょうね。
ゴーヤの梅・砂糖和え
上と同じですが、厚さは2~3㎜位です。苦みが苦手な方はサッと熱湯をかけてもいいですが、この場合水気は切っておきます。
1.ボールの中で梅をつぶし、砂糖を加えて練っておきます。それぞれ適量。
2.その中にゴーヤと削り節を適量加え、混ぜ合わせます。
約1時間くらいおくと食べられます。歯ごたえがあってさっぱりしていますよ。
※ 旧Sakuraの散歩道にもいくつか掲載しています。

玉ねぎの豆乳煮

玉葱は血液をサラサラにする効果があるといわれる。酢漬けはよく作る。きょうはたまたま出先で見つけたレシピで豆乳煮を作った(作ってもらった)。
カロリーも126kcalくらいだ。
6008豆乳煮
一人分の材料は
 玉ねぎ
 だし
 豆乳
 こしょう
 さくらえび
200g
50ml
100ml
少々
2g

作り方は
① 玉ねぎを縦半分に切る
② 鍋に出しと①を入れて中火にかけ、蓋をする。煮立ったら弱火で玉ねぎがやわらかくなるまで15分~20分蒸し煮にする。
③ さくらえびをパリッとからいりし手でもんで崩す。
④ ②に豆乳、胡椒を加えてひと煮する。
⑤ 器に煮汁ごと盛り付けて③のさくらえびを散らして出来上がり。
玉ねぎの甘みもありなかなかヘルシーな感じの一品だった。

あの有名社員食堂のメニューで…

さて、市民センター『メンズ倶楽部』、きょうは『あの有名社員食堂の№1メニューを作ってみよう』のテーマで料理に挑戦。5~6人ずつ4班に分かれて下の4つのメニューの料理を作った。(材料の量は5人分)
ささみのピカタ

(材料)
ささみ・・10本 溶き卵・・2個 粉チーズ・・大2 小麦粉・・適量
塩コショウ・・少々 レタス・れもん・きゅうり・・・各適量
ケチャップ・・好みで

(作り方)
1、ささみは筋を取り観音開きにして、塩コショーをふり小麦粉を薄くまぶす。
2、溶き卵に粉チーズをよく混ぜて、ささみの両面に付ける。
3、フライパンに油を熱し、ささみの両面を焼く。(余った卵液を焼きながらささみの上に乗せるときれいな焼き面になる)
4、器にレタスを敷き、3を盛りつけ、レモン・きゅうりを添える。
なすの冷製

(材料)
なす・・5本 きゅうり・・1/2本 ハム・・4枚 
長ネギ・・少々 生姜・・少々
調味料A・・醤油・・大2.5 酢・・第2.5 砂糖・・小2
練りからし・・小2.5 胡麻油・・2

(作り方)
1、なす波乱切りにして茹でる。きゅうり・ハムは千切、長葱・しょうがは粗みじん切りにして、調味料Aと合わせる。
2、なすを器に盛り、野菜を混ぜた調味料Aをかける。
里芋と油揚げのみそ汁

(材料)
里芋・・5個 油揚げ・・1枚 だし汁・・750cc 味噌・・小5 
長ネギ・・適量 生姜・・少々

(作り方)
1、里芋は皮をむき1口大に切って塩でもみ洗いをする。
2、油揚げは油抜きをし、1cm幅に切る。
3、鍋にだし汁を沸かし、里芋と油揚げを入れて、里芋が煮えたら味噌を溶き入れる。
4、器に注ぎ、長ネギを小口切りにして散らす。
れんこんと人参の和え物

(材料)
れんこん・・200g 人参・・5cm きゅうり・・1本
調味料A・・レモン汁・・大1 塩・・少々 砂糖・・小1.5
醤油・・小2

(作り方)
1、れんこんは3mm位の半月切り、人参は細い短冊切りにし、きゅうりと茹でる。きゅうりは小口切りにする。
2、1と調味料Aを和える。

昨年、「男の料理」口座に参加されていた方もいるのでなかなか手際がいい。それぞれ分担して作業。私は専らささみを焼く係り…。溶き卵にはチーズをたっぷりと混ぜてみた。多分このほうがうまいと思う。予定時間よりかなり早く4品が出来あがった。揃って試食…というより昼食。なかなかいい味が出ている。
次回は12月に「パン作り」・・どんなのができるかな?
まず材料の確認とメニュー別の仕分け
写真は8枚あります。写真の上でクリックして下さい。

メンズクラブ 料理を作る

市民センターの生涯学習講座に先月から『メンズ倶楽部』なる男性の為の講座が誕生した。今年度は全7回の講座。館長の勧めで参加してみた。参加者は20名ほど。前回は『セカンドライフのマネープラン・大切なお金の使い方』というテーマだった。
そして今月は『最新コンロで男の料理』 講師は西部ガスから派遣された料理指導員2名。今回の参加者15名が3班に分かれて料理をする。
今回作るのは『スタミナ寿司~牛肉のしぐれ煮入り~』『トマトと卵のスープ』『揚げ茄子の生姜醤油』『焼きナス』の4品。
まず講師の説明があるのだが、気の早い組はもうとりかかっている。『しっかり聞いて下さい!』と講師。
『焼きナス』がいちばん簡単だったかな?寿司用の米は石釜を使った。うまく炊けるものだ。料理経験のほとんどない人も多く。講師に聞き聞き作業を進めていった。10時半から始めて昼ごろ完成。
みんなで食卓につく。味は?? みなさん『美味しい!!』
■1■まずはガスコンロの使い方から

来月(8月11日)は公開講座で落語を楽しむ会だ。いろいろな題目が用意されている。楽しみにしよう。

胡瓜初収穫

胡瓜初収穫北部九州も8日に梅雨入りした。翌日気づくと胡瓜がほどよい大きさに育っている。
早速収穫。表面のイボが鋭くて、触るとチクチクと痛いほど。
生のまま柚子味噌などをつけて食する。実もしっかり詰まっていて、みずみずしさが口に広がる。明日も2本ほど収穫できそうだ。新鮮なのが何よりいい。
ミニトマトも間もなく収穫できそうだよ。

晩白柚(ばんぺいゆ)の砂糖煮を作りました

ザボンの砂糖漬けなどのレシピを貰ったので晩白柚(ばんぺいゆ)で作ってみた。
材 料:◎晩白柚の皮 1個分 ◎砂糖 皮500グラムに対して1キログラム程 ◎塩 少々 ◎蜂蜜大匙3程 ◎グラニュー糖

作り方:1.皮の部分を1~5㎝幅の短冊に切る。もやもやとした白い綿のような部分は取り除いた。
       黄色の部分はどうしたものかと迷ったが今回は残しておいた。この状態で800グラム。
     2.3~4回水を変えながら8時間くらい水につける。
     3.水から3回煮出す。3回目に塩を少々入れ笊で水を切る。
     4.鍋に皮を入れ砂糖を1/2入れる。溶けたら残りの砂糖を入れる。
     5.中火で1.5~2時間煮詰める。
     6.砂糖が溶けてゼリー状になったら蜂蜜を加える。
     7.1本ずつ引き上げグラニュー糖をまぶして紙などの上で冷やす。

出来上がったものを試食した。甘いがやや苦い。表皮の黄色い部分は少し削っておいてもよさそうだ。
加熱するときは焦さないように。鍋が傷みます(笑)
作ってはみたが手間と時間がかかる。もっと簡単な方法はないものか?

大きな晩白柚(ばんぺいゆ)です

画像は4枚、クリックで変わります。

プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。