ワード表に写真を入れる場合の配置(文字列の折り返し)

クラブでの『文書デザイン』の勉強も皆さんかなり慣れてきました。検定試験では時間の制限がありますが、マイペースでじっくりと取り組んでいます。
表の中に画像を配置する設問もありますが、ここで少し迷いが見られるのが、取り込んだ画像の「文字列の折り返し」です。「文字列の折り返し」は[行内][四角][外周][内部][上下][背面][前面]とありますが、WORDの初期設定では[行内]になっています。目的によってこの配置方法を選ぶ必要がありますね。
その中で今日は表を挿入し、そのセルに画像を挿入した場合の違いを3例取り上げてみました。下の図を見てください。
1列3行の表を挿入して、それぞれのセルに写真を入れてみました。モデルは我が家の「クッキー」です。
表2013-11

これは「文字列の折り返し」を[行内]にしたもの。
セルの中にきっちりと写真が納まっています。

これは「文字列の折り返し」を[四角]にしたもの。
同じセルの画像の下に文字を入れることもできます。

寒くなってクッキーは電気座布団でご機嫌!

これは「文字列の折り返し」を[外周]にしたもの。
同じセルの画像の下がやや広くなっています。
ワード文書で画像の挿入が多くてその度に「文字列の折り返し」で配置を変更する手間を省きたい場合は最初から[四角]や[外周]で挿入するように設定を変更しておくといいでしょうね。私もWORD2010は設定を変更しています。
設定方法は「ファイル」→「オプション」→「詳細設定」、「切り取り、コピー、貼付け」の「図を挿入/貼り付ける形式」で、▼ボタンを押し、[行内]以外の[四角]とか[外周]を選択して[OK]でダイアログボックスを閉じます。

スポンサーサイト

わが家の秋の果物

おやおや 2週間ブログ更新が止まってしまってますね。大相撲九州場所のせいかな?それもきょうが千秋楽。結果は1敗同士の横綱の対決、「日馬冨士」が「白鳳」を退け、5場所ぶりに優勝した。
きょうは柔らかい日差しが射しこんでいる。わが家の温州ミカンを初収穫。美味しかった。ユズも適度に黄色くなっている。なんとか柚子茶やユズ化粧水も作れそうだ。花もいいけど、こういう果物ができるのもうれしいものですね。
温州ミカン2013柚子2013
温州ミカン柚 子

この線は何だ?

前々回にページ罫線について書きましたが、クラブでS子さんから「この線なんでしょう?どうしても消えないのですが…」との相談。
下の左図のように書面下の線です。ご本人は全く線を引いた覚えはないとのこと。
[図形]で引いた直線ならばマウスを重ねると選択できるのですが変化はありません。
「もしや?」と[ページ罫線]→[線種とページ罫線と網掛けの設定]を開くとプレビュー画面で直線が引かれていました。ここで図のような手順でその直線を消して一件落着。
これも無意識で操作した一例でしょうね。
1109keisen1109keisen2

エクセルが消えた

きょうのパソコンクラブでのこと。Sさんがエクセルを開いてしばらくして閉じた後、再度立ち上げようとしたところ、スタートメニューの中にない。[すべてのプログラム」にも表示されない。「いったいどんな閉じ方をしたの?」と聞いてもなんとなく×で閉じたとのこと。アンインストールしたわけではないので必ずあるはずです。
探す方法はいくつかありますが、こんな時に便利なのが[プログラムとファイルの検索]です。検索のボックスに、エクセルの場合は[EXCEL.EXE]と入れて検索ボタンを押す。するとプログラムが表示されるので、ファイルの場所がわかる。スタートメニューに表示させるには、表示された EXCEL.EXEの上で右クリックし、表示されるメニューから[スタートメニューに表示する]をクリックします。ワードの場合も同じ。WINWORD.EXE で検索します。
Sさんのパソコンにも無事表示されました。このようなトラブルを避けには、自分が何をやっているのかを意識して慎重にキー操作をすることですね。(とはいうものの、自分でも時々「今、何をしたのか?」ということもありますね(笑)) クラブではいろいろありますよ。また次の機会に……。
※参考までに…解説したサイトもありましたのでリンクしておきます。ここ

ワードのページ罫線

Wordでは文書全体を枠線で囲んで装飾する「ページ罫線」がありますね。図1がその例です。しかし、場合によっては図2のように上下だけとか、また左右にだけということもあるかもしれませんね。クラブの文書デザインでは全体を囲む例だけを取り上げていましたが、上下だけに表示する方法を備忘録として書いておきます。
「ページ罫線」はWord2010の場合、[ページレイアウト]→[ページの背景]グループの[ページ罫線]です。[線種とページ罫線と網掛けの設定](図3)画面が出ます。[ページ罫線]タブをクリック。[設定対象]は[文書全体]でいいでしょう。①から[絵柄]の▼釦を押してページ罫線の種類を選びます。絵柄は太さが大きいですが[線の太さ]で変えることもできます。②の部分で罫線の位置を指定します。図2の場合は上下です。[オプション]ボタン③をクリックしてその画面(図4)で罫線の本文からの位置[余白]④や[基準]で[ページの端]か[本文]を選ぶことが出来ます。プレビューを見ながら好きなように設定できまのでいろいろと試してみましょう。

図1
 図2
 図3


絵柄や線の太さ、位置を選ぶ
図4


プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード