コミュニティFM局を聴く

サイマルコミュニティ放送というのがありますね。限られた地域でのFM放送です。北海道から沖縄まで、全国各地に開局されていて中にはなかなかユニークな局もあるようです。これらの局をネット上で聴取できるのがサイマルラジオ(CRSA.fm)で、100局以上のコミュニティ放送局が参加しています。パソコンでサイトを開き、目的の局をクリックするとWindows Media Playerが立ち上がって聴取できます。中には映像を配信している局(少ないです)もあり、図のように放送中の画像を見ることもできます。
スマートフォンアプリも出ていますよ。「サイマルラジオスマートフォンアプリ」で検索すると「無料Androidアプリ」とかいろいろ出てきますので興味のある方は利用してみては如何でしょう。パソコンで別の作業をしていても聞けます。
サイマルラジオ
スポンサーサイト

久々の南蔵院

2015215南蔵院
紅梅と涅槃像
南蔵院に行かねばならないと思っていたが、なかなか機会がなかった。長男が来て、「行こうか」ということになり、思い立って車で出かけた。久しぶりなので遠く感じる。八木山を越えるにも「こんなにカーブが多かったかな?…」
いつものことながら、南蔵院は訪れる人が多い。外国人も多くみられる。大宰府同様、観光地化している。
納骨堂を詣で、せっかく来たのだからと広い境内を歩く。訪れるたびにどこかが変わっている。本堂下の紅梅や白梅も美しく咲いていた。夏には父の50回忌を迎える。ここですべて取り計らってくれるそうだ。

北九州マラソン2015

北九州マラソン2015第2回の「北九州マラソン2015」が2月8日に開かれた。北九州市役所前をスタートし、到津の森公園前、いのちのたび博物館、スペースワールド、戸畑駅前、小倉駅新幹線口、門司駅前、門司港、折り返し、小倉駅方面へ、北九州国際会議場前(フィニッシュ)までの42.195kmのコース。当日は気温も低く、時折、小雨、また小雪も舞うという天候。特に海岸沿いのコースは風も強そうだった。
去年も参加した息子は腰を痛めて迷っていたが、参加したよとのこと。走り終えて我が家に来た時はさすがに疲れ切った様子だ。記録は4時間38分39秒だったが、完走者に与えられるメダルを嬉しそうに見せてくれた。8957人が完走したそうだ。この日の参加者は1万1378人、遠くは北海道、沖縄からの参加者もあるとのことだった。多くの方々が沿道で盛んに声援を送っていた。

高齢者講習

高齢者講習運転免許の更新期間満了日が近づいた。75歳以上の場合は更新手続前に講習予備検査の受検と高齢者講習等を受講しなければならない。81歳を迎えようとする今、そろそろ免許の返納も考えたが、日常の生活ではまだ車の必要が多い。
昨日、以前から申し込んでおいた講習を近くのドライビングスクールで受講した。受講者は6人。これも早めに申し込んでおかないと期限までに受講できないこともある。受講料は6千円。原付免許の方も一人いたが、金額は同じ。「高いな!」とぼやいていた。
講習予備検査は2時から始まった。まず説明がある。受講室内の時計は隠してある。時間を書かせる問題があるので、経過時間を頭で感じておくことが大切だ。問題用紙と解答用紙が配られる。この検査では①今の「年」「月」「日」「時間」が問われる。②次に4枚ずつの絵を4ショット、計16枚の絵を見せられる。これを覚えて回答するのだが、この間に別の作業が入る。ランダムに1桁の数字を並べて指示された数字に斜を引くというもの。時間制限という落とし穴があった。その次に先ほどの16枚の絵を解答すのだ。途中に余計な作業が入るので「え~っと何だっけ?」ということになる。③最後に時計の絵を描き、指示された時刻の針を描くというものだ。今回は11時10分が指示された。この検査によって、点数に応じて、「記憶力・判断力が低くなっている方」、「記憶力・判断力が少し低くなっている方」、「記憶力・判断力に心配のない方」の3つの分類で判定が行われる。予備検査の後、高齢者講習ではビデをを使っての説明。運転適性検査器材を使用して動体視力や反応速度を測定する講習、実際に自動車を運転して行う講習行われた。
特に問題点もなく講習が終わったのは5時を過ぎていた。
あとは試験場かゴールド免許センターで更新の手続きをするだけ。期間に余裕があるので暖かい日にでも行くことにしよう。
プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード