脳卒中を発症する確率

テレビ、新聞などの各メディアでも報道されたが、先日国立がん研究センターなどのチームは19日、年齢と性別、喫煙、肥満度(BMI)、糖尿病、血圧の6項目でそれぞれ点数を付け、合計点で今後10年間に脳卒中を発症する確率を示すシステムを作成した。
早速エクセルで計算式を作成し、自分の発症確率を計算してみた。ただ、残念なことに該当年齢が40~69歳なのでちょっと自分には当てはまらないがおおよその目安とした。
エクセル関数もこのところあまり使い機会が少なかったので、やや手間取ったが何とか出来た。
自分にはあまり役に立たないが、作成には手順を論理的に考えなければならないのでいい頭の体操にはなった。
Webでも「keisan」サイトで計算できます。
また「大阪がん循環器病予防センター」のサイトには「脳卒中・虚血性心疾患・発症予測ツール」(45~75歳に対応)があるのでリンクしておきます。「大阪がん循環器病予防センター」
下は大阪がん循環器病予防センターサイトで年齢を75歳として計算したもの。
脳卒中グラフ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

脳卒中

こんにちは お邪魔します。いつもソースを使わせていただきありがとうございます。

良し悪しは別として軽~い記事ばかりが目立つ(ボクも含めて)中にあって
毎回Sakura先生の記事は勉強になり印象に残ります。

栃木県は脳卒中で亡くなる方が全国でも常に上位です。原因は味噌が好きな県民で
塩分の取りすぎによる血圧の高さ、地域的な冬季の乾燥した冷たさなどです。
普通男性が多い病気なのに栃木では女性の方が死亡率が高いのは何故でしょうか。

脳卒中自己診断表でボクが該当するのは一つで、若干血糖値が高い「事です。
それを運動と食事療法で悪化しないように日々努力していますが、これが
並の意志では続けるのはたいへんです。旅行の際にもあまりカロリーの高い
料理や酒類には手を出しません。嗜好品もコーヒーや緑茶は脳卒中予防に効果があると
指摘されていますので緑茶は食前に、コーヒーは毎食後欠かしたことはいません。
又、野菜から先に食べると血糖値が急激に上がらないので糖尿や脳卒中予防には
最高という事で実践しています。お蔭でいい歳ですが渓流釣りも無事続けています。

松ぼっくりさん

こんにちは  栃木県は脳卒中で亡くなる方上位とは残念ですね。
2010年の平均寿命の県ランキングでは男女とも長野県が1位ですね。県が塩分を控え、野菜をよく食べて運動するように取り組んだ成果でしょうか。
私はアルコール類、それにタバコは全く駄目ですが、いま気になっているのは内臓脂肪でしょうか。やや多めで、これは落としやすいそうですが、十分に脂肪が燃焼するには運動量が足りないようです。
10数年毎朝続いているのは家内が作る野菜や若干の果物を混ぜた濃厚なジュースです。健康の秘訣の一つはこれにあるのかもしれませんね。
松ぼっくりさんもよい食事習慣を実践されているようで、元気で好きな趣味をお続けください。
プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード