ワードで図の位置を細かく調整したい

クラブではよく『ワード文書デザイン』の勉強もしていて図の挿入の場面も多いです。
ところが挿入した図をドラッグしても思うような位置に移動しないこともあります。
まず挿入した直後に図をクリック選択すると『図』のツールバーが出ます。その中の『テキストの折り返し』(檻の中に犬が入っているようなアイコン)をクリックすると[行内]になっています。ここを[行内]以外のものに変えます。するとドラッグでの位置移動が出来ますね。

ところがドラッグしてもなんとなくギクシャクして細かい調整が出来ないことがあります。これはグリッド線の影響です。そこで次のように設定をします。
WORD2003の場合 [ファイル]→[ページ設定] 設定画面で[文字数と行数]タブ、下にある[グリッド線]をクリック、開いた[グリッド線]画面で[位置合わせ]のチェック2箇所を外して→[OK]、戻った画面でまた[OK]。
これでスムーズに位置移動が出来ます。また前述の設定をしなくても[Alt]キーを押しながら行ってもスムーズに動きます。
移動はマウスでのドラッグではなく[←][→][↑][↓]のカーソルキーを使えます。なおこの場合[Ctrl]キーを押したまま操作すると1ドットずつの細かい調整が出来ます。覚えておくと便利ですよ。
WORD2007、WORD2010の場合 ページ設定は [ページレイアウト]→リボンの[ページ設定グループ]の小さい四角なボタン?をクリックすると[ページ設定]画面が開きます。しかし、画像の移動は[Alt]キーを押しながらのほうが簡単です。






背面時の画像選択
図の「文字列の折り返し」を[背面]に設定すると図を選択したいのにマウスポインタが四方向矢印にならない場合があります。「選択したいのに選択できない。さて どうする?」
ワード2003の場合は[図形の調整]の右に白い矢印[オブジェクトの選択]釦をクリックします。マウスポインタは図選択モードになります。ワード2007、2010では [ホーム]タブ、右端の[編集]グループに白い矢印の[選択]釦があります。ここをクリックして現れた画面の[オブジェクトの選択]をクリックします。するとマウスポインタが図選択の専用のモードになり、背面の図を選択できるようになります。使い終わったら釦をoffにするか、[Esc]キーを押してオブジェクト選択を解除しておきます。
スポンサーサイト
プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード