エクセル 文字間隔は「均等割り付け(インデント)」で


クラブで表計算(エクセル)の練習をしていますが、図1のような表を作る際に、表の上に図の場合ですと「平均売価一覧表」と表題を入れます。この場合文字間隔をあける為に文字の間に一字一字スペースを挿入している方がいます。文字が少ない場合はそれでもかまいませんが、もっと便利な方法がありますので利用しましょう。その一例です。

まず表題は後回しで先に表を完成させます。表完成後次の手順を実行します。
図2のように表題を入力します。
次に表題を表示するセル範囲をドラッグして指定します。(例ではB1~J1)

[ホーム]→[配置]の右の□をクリックして[セルの書式設定]を表示します。図3

①[配置]タブをクリックします。
②[横位置]→の▼をクリックして[均等割り付け(インデント)]を選びます。
③[インデント]に数字を入れます。セル両端の空白数です。
④[文字の制御]の(セルを結合する)にチェックを入れます。[OK]をクリックして終わりです。インデントの数は実際の画面で調整してください。クラブの皆さんは先日練習されたので覚えましたね。利用しましょう。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード