高齢者講習を受けた

自動車運転免許の更新は来春だが、免許証更新時に70歳以上は『高齢者講習』の受講が義務づけられており、さらに75歳以上の場合は、高齢者講習の前に『講習予備検査(認知機能検査)』を受けなければならない。少し早めにということで予約していた自動車教習所に行った。受講者は6人。手数料は『予備検査』が650円、それに『高齢者講習』の手数料5,350円、合わせて6,000円。
講習予備検査は、検査員の説明を受けながら、検査用紙に受検者が記入して行う。
検査項目は『時間の見当識』、『手がかり再生』、『時計描画』の3つだ。この検査によって受検者の記憶力や判断力を判定し、結果によってその後の対処が変わるらしい。
『時間の見当識』では今日の年月日、曜日、それに今の時間だ。事前の講習室内の時計は目隠し、自分の時計のポケットになおさせた。年月日、曜日は問題ないが、今の時間は時間感覚が必要だ。これには自信がある。講習を始める際に検査員が時刻を告げるのがみそだ。
『手がかり再生』
これは4種類のイラストが描かれたボードが4枚提示され、検査員の説明を受けながら記憶する。その後、別の作業をはさんでから、先ほど記憶したイラストをヒントなしに回答し、さらにヒントをもとに回答する。ヒントなしでは16個のイラストは全部はなかなか思いだせない。ヒントありでは全問正解は容易である。ただ、『刀』があったが『剣』とか『日本刀』ではいけないようだ。検査員の言葉どうりに書いた方がよさそうだった。
『時計描画』
まず、時計の文字盤を描く。次に、指定された時刻(例:11時10分)を示す針を、その文字盤の上に描くもの。問題なさそうだが、80歳を超えていると思われる方は何か指示を受けているようだった。
終わって『実車運転と運転指導』。日ごろ軽自動車なので、普通車に乗ると間隔が違う。まして入院以後は車の運転も控えがちなので緊張したが、走り出すと特に問題はなかった。いつもベンツに乗っているという女性の方は右ハンドルに慣れていない様子でややまごついているようだ。
そして『運転適性診断、夜間視力、動体視力検査等』。パソコン画面を見ながらアクセルやブレーキ、ハンドル操作だ。これは普段の運転の方がずっと楽だ。視力検査では少し落ちている結果が出たが、先日病院での検査結果の方がよかった。免許更新に行く日はいつも目を最良の状態に整えていくのでまず大丈夫だろう。パソコン画面の小さな文字なども長時間見ないように日ごろから心掛けている。
午後2時から始まり、終わったのは5時過ぎ、外に出ると冷たい雨が降っていた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ja6ei

Author:ja6ei
FC2ブログへようこそ!

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

リンク
ブログ内検索
RSSフィード